不感症で悩んでいる女性はたくさんいるのではないでしょうか。そんな人達にはフリバンセリンがオススメです。
フリバンセリンは女性の性的欲求低下障害を治してくれる薬です。精神的に性欲を上げる効果があるので、すぐに性欲が上がるわけではありません。
効果を最大限に引き出す為には服用を続ける必要があります。

フリバンセリンは脳内に作用してセロトニンの分泌を抑えてくれます。これによって、ドーパミンの分泌を促進させたりノルアドレナリンを増加させたりするのです。
ドーパミンの過剰分泌はセロトニンが抑制しています。ですので、セロトニンの働きを抑えることによってドーパミンの分泌が促進されます。
そのため、気持ち良くなりますし感情も高まるのです。さらに、テストステロンの分泌を促すので性欲が強くなります。
このように、フリバンセリンには興奮作用があるのです。ですので、フリバンセリンの服用を続ければ閉経前女性の性的欲求低下障害を治せます。

服用方法は1日1回、フリバンセリン100mg1錠を服用するというのがアメリカの基準です。
日本人の体型だと1錠は多いので自分で調整しましょう。
ピルカッターがあれば切りやすいです。服用する時は水かぬるま湯で飲みましょう。
フリバンセリンの効果は約11時間続くので就寝前に服用するのが良いです。

飲み忘れた時は1回分飛ばして次服用する時は1回分を服用しましょう。絶対に1度に2回分を服用してはいけません。
効果は人によって違いますが、8週間服用を続けても効果がない場合は体質に合っていない可能性があるので服用をやめた方が良いです。

フリバンセリンは日本では認可されていないので、購入したいなら個人輸入しましょう。
個人輸入するにはいろいろな手続きをしないといけませんが、全ての手続きを代わりにしてくれる個人輸入代行サービスがあります。
このサービスを利用すれば簡単にフリバンセリンを購入出来ます。まとめ買いが出来るのでとても便利です。

フリバンセリンの副作用について

フリバンセリンには興奮作用があり女性の性的欲求低下障害を治してくれる薬ですが、副作用や併用禁止薬があるので注意が必要です。

副作用として眠気や吐き気・嘔吐や倦怠感、不眠症などが報告されています。重篤な副作用はめまいや失神、低血圧です。
めまいや失神の場合だと転倒してしまったり運転中に事故を起こしてしまったりする原因になるので危険です。
ですので、日中は服用しない方が良いでしょう。

こういった副作用はピルなどの避妊薬やアルコールと併用した場合にあらわれる可能性が高いので気を付けないといけません。
普段からアルコールを飲んでいる人は服用する前に生活習慣を改善した方が良いです。
副作用があらわれた場合は、服用をやめてすぐに医師に相談しましょう。
そうしないと、さらに重篤な副作用を引き起こしてしまう場合があります。ですので、服用し始めた時は体調の変化には十分気を付けましょう。

フリバンセリンは閉経前・更年期障害が起こる前の女性の性的欲求低下障害を治す薬として開発されたものです。
ですので、妊娠中・授乳中の女性や閉経後の女性は副作用があらわれやすいので服用してはいけません。
肝臓や腎臓に持病を持つ人は薬の代謝が上手く出来ずに重篤な副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。

併用禁忌薬は狭心症の薬であるジゴキシン・抗生剤・ピルなどの避妊薬・てんかん治療薬・抗うつ剤・結核治療薬などいろいろあります。
ですので、服用している薬がある場合は併用しても問題ないか必ず医師に相談しましょう。

フリバンセリンは日本では認可されていませんが、不感症で悩んでいる多くの女性が服用しています。
服用を続けないと効果が期待出来ので根気よく続けましょう。