レビトラはED治療薬で食事の影響を受けにくいので服用しやすい薬です。
レビトラにはさまざまな種類のジェネリックがあり、即効性に優れていて高い効果を得ることができる特徴があります。
レビトラには勃起を抑制する酵素のPDE-5を阻害することができ、男性が興奮時に分泌される血管拡張物質であるサイクリックGMPの分解などを防ぐことが可能です。
レビトラと同じ成分であるバルデナフィルが配合されている海外ジェネリック薬品がいくつかあります。

バリフ
アジャンタファーマ社が開発したジェネリック医薬品で、レビトラと同一成分により効果や作用などは同じで安心・安全性が担保されています。
レビトラよりも安く90%オフぐらいの価格で購入することができるので世界中の人気商品です。
10錠入りでだいたい2,000円ぐらいで購入することができるでしょう。
スーパージェビトラ
勃起不全や早漏を同時に改善することができるED治療薬です。
サンライズレメディ社がリリースしているジェネリック医薬品で、ED治療薬のレビトラ成分であるバルデナフィルと早漏治療薬であるダポキセチンを配合しています。
4錠でだいたい3,000円ぐらいとリーズナブルな料金で購入することが可能です。
バリフゼリー
アジャンタファーマが提供している勃起不全のED治療薬で、レビトラと同じ成分のジェネリックです。
効果や安全性なども同じで、ゼリー状になっているので即効性に優れています。
7錠でだいたい3,000円ぐらいの価格になります。

これらのレビトラのジェネリック医薬品はインターネットの個人輸入代行サイトで気軽に購入することが可能です。
最近ではいろいろなサイトがあるので、比較検討することによってコストを抑えて購入することができます。
周囲の人に気付かれないようプライベート梱包で郵送するサービスを利用することができたり、各種クレジットカードを使って注文することができるので便利です。

レビトラジェネリックの効果と副作用

レビトラのジェネリック医薬品にはバリフ・スーパージェビトラ・バリフゼリーなどさまざまな種類があります。
レビトラと同じ成分であるバルデナフィルが配合されているので、同じ効果と副作用がありますが安い価格で購入することができるので人気商品です。
レビトラのジェネリック医薬品を服用すればEDを治療出来ます。

バルデナフィルは食事を影響を受けにくく、即効性に優れていて高い効果を得ることができる特徴があります。
食事の影響を受けにくいというだけで、全く影響を受けないわけではありません。
標準的な食事の影響は受けないと言われていますが、総エネルギーの脂肪の割合は30%以内というのが条件です。
標準的な食事とは栄養学でいうと成人男性の場合で1食大体700kcalになります。脂肪の割合が30%以内ですので、210kcalまでなら影響がないでしょう。

副作用として報告されているのは顔のほてりや目の充血、頭痛や動機などです。この中で特に多いのは顔のほてりや目の充血です。
これらの副作用は、血管拡張作用によって起こります。軽度の副作用の場合体に大きな影響を受けることはないので心配する必要はありません。
効果が出てきた証拠だと気にしない人が多いです。頭痛がひどい時は市販の頭痛薬を服用しても問題ありません。

副作用は他にもいくつか報告されています。例えば消化不良や下痢、背部痛や光に対する過敏症などです。
これらの副作用はほとんどの場合4時間から6時間ぐらいで治ります。ですが、それ以上の時間が経っても副作用が続くこともあります。
副作用がなかなか治らない場合は、すぐ医師に相談しましょう。バルデナフィルが体質に合っていない場合もあります。