バイアグラにはスーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなど様々な種類のジェネリック医薬品が存在します。
日本国内で承認されているバイアグラの錠剤は25mgと50mgです。100mgの錠剤も存在しますが、未承認なため販売されていません。
海外から個人輸入することは可能です。病院でバイアグラを処方してもらう場合の価格は、25mgが1錠あたり1300円程度で50mgは1500円程度とされます。
スーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなどインド製のジェネリック医薬品は、さらに安い価格で購入できます。

バイアグラは日本国内で2014年5月に成分特許が切れたため、国産のジェネリック医薬品も製造されています。
日本国内で製造されるいジェネリック医薬品の価格は、50mgの錠剤が1錠あたり1000円程度です。
インドでは製法特許のみが認められており、成分特許は認められていません。
そのため製法を変えることで同じ有効成分を含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。
開発コストがかからないためスーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなどジェネリック医薬品は非常に安価です。

スーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなどのジェネリック医薬品にもバイアグラと同様に有効成分としてシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルは即効性が大きな特徴です。
空腹時に服用すれば30分程度でペニスが勃起するようになります。短時間でEDを改善したい場合には最適です。
ジェネリック医薬品のスーパーフィルデナには、シルデナフィルに加えてダポキセチンが含まれています。
ダポキセチンを服用すると早漏を改善できます。

スーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラはいずれもバイアグラと同様に短時間でEDを改善します。
さらにスーパーフィルデナにはダポキセチンが含まれているので、早漏が改善されパートナーと長時間の性行為を楽しめます。
頻繁に性行為を行いたい場合などには、ダポキセチンを含むスーパーフィルデナが最適です。

日本人男性の3人に1人がEDらしい・・・

日本人男性は6000万人ほど存在します。症状が軽度の場合を含めると、1800万人程度のED患者が存在すると言われています。
日本人男性のおよそ3分の1がEDに悩んでいることになります。
病院でバイアグラなどのED治療薬の処方を受けると、保険適用外のため多額のコストが必要です。
国産のジェネリック医薬品でも50mgの錠剤が1錠あたり1000円程度とされます。
スーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなどインド製のジェネリック医薬品ならば、価格が安いため経済的です。

頻繁に性行為をする必要がある場合にはスーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラなどインド製のジェネリック医薬品を利用すればコストを大幅に抑えることができます。
スーパーフィルデナには100mgのシルデナフィルと60mgのダポキセチンが含まれており、価格は1錠あたり500円程度です。
シラグラは100mgの錠剤が1錠あたり500円程度で購入できます。
個人輸入代行サイトによっては1錠あたり350円程度で購入できる場合もあります。

ゼネグラは100mgの錠剤が1錠あたり400円弱で販売されています。
個人輸入代行サイトの中には1錠あたり160円程度で販売しているものも存在します。
病院で処方を受ける場合と比較して、インド製のジェネリック医薬品を個人輸入すれば安いコストでED治療ができます。
特にスーパーフィルデナはシルデナフィルに加えてダポキセチンが含まれています。
EDと早漏は同時に発症する事例が多く見られます。スーパーフィルデナは、安い価格でEDだけでなく早漏も改善できます。

現代では日本人男性のおよそ3人に1人がEDを患っているとされます。病院でED治療薬の処方を受けると、多額のコストが必要になります。
しかしスーパーフィルデナやシラグラ、ゼネグラのようなジェネリック医薬品を利用すれば、少ないコストでED治療ができます。

バイアグラのジェネリックが購入出来るリンクも載せておきますので、チェックしてみましょう

→バイアグラのジェネリックはこちらの通販で購入!