シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
タダラフィルには効果の現れ方が緩やかで、持続時間が長いという特徴があります。
シアリスと同じタダラフィルを含むジェネリック医薬品にはメガリスやタスティリア、タダガオーラルゼリーなどが存在します。
いずれもタダラフィルが含まれており、最大で36時間にわたって効果が続きます。
タダラフィルは持続時間が長いため、何度も服用する必要がなく経済的です。

メガリスやタスティリア、タダガオーラルゼリーなどのジェネリック医薬品は、インドの製薬会社で製造されています。
開発や製造にコストがかからないため、価格が安いという特徴があります。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤がありますが、一般的な病院でED治療を行なう場合には10mgと20mgを使用します。
1錠あたりの価格は10mgが約1700円で、20mgは約1800円と高価です。
メガリスやタスティリア、タダガオーラルゼリーなどジェネリック医薬品であれば、安い価格で購入できます。

シアリスのジェネリック医薬品には様々なタイプが存在します。メガリスはシアリスと同じく錠剤タイプです。
10mgと20mgの錠剤があり、1箱あたり4錠入っています。1錠あたりの価格は10mgが約600円、20mgは約500円です。
タスティリアはフィルムタイプなので水がなくても服用できます。1箱あたり10枚入っており、1枚あたりの価格は約400円です。
タダガオーラルゼリーはゼリータイプです。1箱あたり7包入っており、1包あたりの価格は約400円とされます。

ジェネリック医薬品には、シアリスと同じく有効成分としてタダラフィルが含まれています。
効果や副作用などもシアリスと同様ですが、価格が安いため少ないコストでED治療ができます。
特にゼリータイプには味がついており、服用しやすいという特徴があります。錠剤が苦手な人でも気軽に使用できます。

シアリスジェネリックの効果と副作用

シアリスのジェネリック医薬品には、錠剤タイプの他にもフィルムタイプやゼリータイプなど様々なものが存在します。
錠剤タイプは効果が現れるまで3時間ほど必要ですが、ゼリータイプには即効性があります。
フィルムタイプとゼリータイプは水がなくても服用できます。
メガリスは錠剤タイプのジェネリック医薬品で、10mgと20mgの錠剤が存在します。
フィルムタイプのタスティリアとゼリータイプのタダガオーラルゼリーには、タダラフィルが20mg含まれています。

タダラフィルの効果は10mgだと20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされます。
メガリスの20mgやタスティリア、タダガオーラルゼリーを使用すると、最大で36時間にわたって効果が持続します。
タダラフィルは食事の影響を受けにくいという特徴もあります。800kcalまでの食事であれば、服用前に摂取できます。
錠剤タイプとフィルムタイプ、ゼリータイプのいずれも、800kcalまでの食事を摂取しても効果に影響はありません。

タダラフィルにはめまいや頭痛、鼻づまり、消化不良、背部痛、筋肉痛、色覚変化、視野障害、低血圧などの副作用が存在します。
ただしタダラフィルを服用して副作用が現れるのは、全体の3割ほどです。タダラフィルは持続時間が長く、効果が緩やかに現れます。
そのため副作用が現れにくいという特徴があります。また副作用の症状はいずれも軽いため、基本的に発症しても大きな負担となることはありません。

タダラフィルは血管を拡張し血圧を低下させます。
副作用は基本的に軽いものですが、心臓や脳、肝臓、腎臓などの障害により服用できない場合が存在します。
健康上の問題がある場合には、病院で診察を受ける必要があります。